本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中のフォトニュースの中の平成24年度から平成24年9月
更新日: 2012年9月30日

平成24年9月

平成24年9月28日  市観光協会が「松本糸魚川連絡道路」勉強会

  市観光協会は、28日、地域高規格道路「松本糸魚川連絡道路」についての勉強会をフレンドプラザ大町で開きました。
  今後の建設ルートを定める議論の具体化に向け、観光関係者などおよそ50人が出席し、大町建設事務所長を講師に基本的な知識を深めました。県では、豊科IC北接続案が最良と考え、さまざまな課題解決を目指したいとしました。
  今後、市の都市計画マスタープランの中に最適な市街地バイパスルートを位置付けていくことや、建設の早期実現を目指した議論の深まりに向け観光的な視点に立ち意見を発すべきとの声があがったことから、今回の勉強会がもたれました。出席者からは、道路整備の早期実現に向けた意見などが出されました。
市観光協会が「松本糸魚川連絡道路」勉強会

平成24年9月28日  定例記者会見

定例記者会見  28日、おおまち情報センターで定例記者会見が開かれました。牛越市長は姉妹都市提携をしているオーストリア・インスブルック市のアルプス動物園の創立50周年式典に招待され訪問した報告や、10月に行われる秋の観光関連イベント、大町アルプスマラソン、大糸線クイズ列車の旅などについて発表しました。
  記念式典の祝辞では、「アルプス動物園と大町山岳博物館、インスブルック市と大町市の長年にわたる協定に感謝し、また、50年という長い間アルプス動物園が山岳動物の研究、教育普及に大きな力を発揮されたことをお祝いし、今後も交流を続けていきたいことを申し上げた」と話しました。

平成24年9月25日  まちなかウォーキングの会が「交通事故防止をアピール」

  25日、まちなかウォーキングの会(新田馨子(けいこ)会長)は、今月21日から30日まで行われる秋の全国交通安全運動期間に合わせ、交通事故防止をアピールする安全啓発ウォーキングを行いました。
  当日出席した会員のほか、大町警察署ヤングドライバーズクラブ、交通安全協会大町支部のメンバーなど、総勢50人余が反射布の安全ベルトや靴用反射材シールなどを着け、のぼり旗を持ちながら、JR信濃大町駅付近から大黒町交差点までのコース2.8kmを歩きました。まちなかウオーキングの会は、「中心商店街を歩いて体も街も元気にしよう」と週2回活動をしており、交通安全運動期間中に安全意識を広げる啓発の場として協力をしました。
まちなかウォーキングの会が「交通事故防止をアピール」

平成24年9月25日  ぎふ清流国体出場の高校生2人が市役所を訪問

ぎふ清流国体出場の高校生2人が市役所を訪問  25日、ぎふ清流国体に出場する高校生の2人が市役所を訪問し、国体での活躍を誓いました。この日訪問したのは、陸上競技の少年A100mと400mリレーに出場する松商学園高校3年の宮澤裕輝(ひろき)君(18・大町市大町)と、山岳競技のボルダリングやリードに出場する大町高校2年の京屋仁君(17・安曇野市穂高)の2人。
  宮澤君は、今年のインターハイ直前に100mの自己ベスト(10秒69)を記録し、100mでの準決勝進出とリレーでの優勝を目指します。京屋君は、「まずは大会を楽しみたい。決勝に進出できるよう頑張ります」と意気込みを語りました。
  応対した相沢文人副市長は「気負わずに思いっきり挑戦してきてほしい」と激励しました。

平成24年9月20日  サークルKサンクスで「黒部ダムカレー」が期間限定発売

  20日から、今年もコンビニエンスストアのサークルKサンクスで「黒部ダムカレー」が発売開始になりました。
  発売期間は9月20日から10月17日まで、県内限定発売です。今年の黒部ダムカレーは、1.マイルドな辛さの昔ながらのルーになり、子供も食べやすくなった、2.遊覧船ガルベに見立てたトッピングはハンバーグからエビフライに変更、3.野菜が増えてとてもヘルシーになっています。価格はワンコイン内の498円。
  おおまぴょんもポスターに登場して、カレーを口いっぱいに頬張り「おいしいからぜひ食べてね!」と言わんばかりの宣伝に一役買っています。
サークルKサンクスで「黒部ダムカレー」が期間限定発売

平成24年9月19日  市議会防災対策特別委員会が災害時の議会行動指針案を答申

市議会防災対策特別委員会が災害時の議会行動指針案を答申  大町市議会防災対策特別委員会(中牧盛登委員長)は、19日、諮問を受けていた災害時における市議会の行動指針案をまとめ、大厩冨義議長に答申しました。
  答申の内容は、大規模災害等が発生した際に、市民の安全や救助活動、被災状況の把握、復旧活動などを迅速に進めるため、議員が個々に行動するのではなく、市議会としてまとまって行動し、市の災害対策本部を支援するというものです。
  この行動指針案は、今後市議会全員協議会で議論され、議会基本条例への位置付けについても検討が進められます。

平成24年9月15日  秋晴れの空の下、市内各小学校で運動会

  15日、市内の各小学校で運動会が行われました。秋晴れの運動会日和となったこの日、朝早くから保護者たちが駆けつけ、綱引きやリレー、大玉送りなど、さまざまな種目で競う児童を応援しました。
  大町西小学校では、「一人ひとりが主役  本気で輝く星となれ」を運動会のスローガンとして、児童一人ひとりが力いっぱいにグラウンド上で日ごろの練習成果を披露しました。
5.6年生による騎馬戦「決戦  川中島」では、紅白帽を取り合う迫力ある戦いに「がんばれー、いけー」など、大きな声援が飛び交っていました。
秋晴れの空の下、市内各小学校で運動会

平成24年9月14日  ぽかぽかランドで美麻地区敬老会

ぽかぽかランドで美麻地区敬老会  14日、美麻地区敬老会がぽかぽかランド美麻で開かれました。今年の美麻地区在住の75歳以上の人は230人で、そのうち94人が出席されました。
敬老会では、賀寿代表者の酒井忠敬(ただよし)さん(88)に美麻地域づくり会議実行委員長の宮沢雄一さんから記念品が贈呈されました。
  また、出席者最高齢の藤川毅(きよし)さん(95)と松下あさよさん(91)には美麻保育園年長児から「おじいちゃん、おばあちゃん、元気でいてね」とお祝いの言葉が掛けられ、記念品が手渡されました。
  アトラクションでは、みあさ保育園児によるお遊戯や養老劇団による歌や踊りの披露があり、参加者は楽しい時間を過ごしました。

平成24年9月11日  高齢者敬老祝賀訪問

  11日、高齢者に敬老の意を表し、長寿をお祝いするための牛越市長による祝賀訪問が行われました。本年度の対象者は今年100歳を迎える市内の高齢者および市内最高齢の男性と女性の20人で、この日は入院中などの人を除く8人の自宅や施設を訪問しました。
  市内最高齢の男性、社(山下)の矢口康雄さん(102歳)宅の訪問では、市長から「おめでとうございます。お元気で何よりです」と言葉がかけられ、花束とお祝金が手渡されました。矢口さんは「健康の秘訣は何ですか」と尋ねられると、「気持ちを楽に持ち、何でも食べて3度の食事を欠かさないこと」と笑って答えていました。
高齢者敬老祝賀訪問

平成24年 9月 8日  富士通陸上競技部による陸上教室

富士通陸上競技部による陸上教室  富士通陸上競技部の選手たちが指導する「陸上教室」が、8日、運動公園の陸上競技場で開かれました。日本のトップアスリートから直接指導が受けられる機会とあって、市内の小学生や中学、高校の陸上部などを中心に約150人が参加しました。
  指導にあたったのは、地元大町市出身の福嶋正監督のほか、ロンドンオリンピック50km競歩に出場した森岡紘一朗さんや、日本大学在籍中、2010年の箱根駅伝で区間賞を獲得したギタウ・ダニエルさんなどの選手5人です。
  最初に、体を自由にコントロールできるようにするためのアジリティー運動を行った後、小学生、競歩、短距離、中長距離の各コースに分かれて、専門的な指導が行われました。

平成24年 9月 8日  信州ねんりんピック  大町市で開催

  2012信州ねんりんピック文化・芸術交流大会が8日、市文化会館で開かれ、県内各地から約1000人の高齢者が参加しました。
  式典では、実行委員長の県長寿社会開発センターの小口正行理事長が、「高齢者の豊富な知識と経験を生かした取り組みになることを期待します」とあいさつをしました。
  文化・芸術交流大会では、高齢者グループによるステージ発表や社会参加活動発表が行われたほか、「うっかり八兵衛」でおなじみの俳優・高橋元太郎氏による講演が行われました。
  また、フレンドプラザ大町では囲碁大会、サン・アルプス大町では将棋大会がそれぞれ開催され交流が深められました。
信州ねんりんピック   大町市で開催

平成24年 9月 8日  淡水魚の日

淡水魚の日  8日、大町市漁業協同組合連絡協議会では、26回目を迎える恒例の「淡水魚の日」のイベントを、ザ・ビッグ信濃大町店前で開催し、地元産の淡水魚を販売・PRしました。
  生きの良いシナノユキマス、ヒメマスは青木湖漁協が、木崎マスは木崎湖漁協が、アユ、イワナ、ヤマメは北安中部漁協がそれぞれ調達。6種類約500キロの淡水魚が準備され、格安の価格で販売されました。午前10時の販売開始時間前から列ができるなど、新鮮な淡水魚を求める買い物客でにぎわいました。
お問合せ
問合せ先: 情報交通課広聴広報係 内線 404
E-mail: kouhou@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか